3歳のノンと、日々是好日。


by suara-erhu

アメリカ上陸

無事LAに着きました。

いかにも到着したばかりっぽい、怒涛のような数日間。

まずはフライト。
1730発のフライトだったので、とにかくノンを歩き回らせて離陸直前にねんね・・Zzz
そのまま夜まで寝るか!?と淡い期待を抱いたけれど、そうは問屋が卸しましぇーん。
たった30分で起きてしまい、ちょっとディズニーアニメ見たけど「お外に行きたい。散歩したい」との強い要望により
飛行機内をグルグル徘徊。
ギャレーの一部がちょっと動けるようになっていたので、そこが我らのたまり場状態(お菓子もあったし。どら焼きもらっちゃった)。
夜中1時半から1時間半だけ寝てくれたけど、着陸前のご飯サービスで明かりがついたトタン大泣きして起きてしまい、そこから「頼むからもっとスピード出してくれぇい!!」とパイロットに直談判したいような気持ち。
外に行きたい外に行きたいと喚くノンさん。
一度火がつくと抑えられないくらい暴れるので、そうならないように、姫様の機嫌を損ねないように
奴隷のようにかしづいて、やっとやっとLAに到着~。

ロールパンナを最後の最後に投入したのは、予想以上の効果でした。

ちかれた~~~。

そーそー!

成田の税関ではこんなことも。
二胡の持ち出しのことでトラブりました。
税関で書類を書いてもらえばオッケー、と師匠がおっしゃっていたので、税関のオジサンにその旨伝えると、
「ワシントン条約にひっかかりますからねぇ」とネチネチ言い出した。
分厚い辞典をひっくり返しとっくり返して何やら調べている。

マママ、マズイ!!
取り上げられたらマズイ!

「経済省に行って手続きしてもらわないといけません」だってー。
あたし、2時間後に出国するんスけど~。

「これはニセモノの蛇革です。私は演奏家で、いつもこの紙書いてもらって外国行ってますよっ。こんな言いがかりは初めてですよっ」とニセモノのタンカまで切りましたが、そのネチネチオジサンは上司にまで電話して、アーダーコーダ30分くらいやり取りしてました。

あまりにヒマで、たまの仕事だから張り切ってる感じだった、と側で見ていた母談。

結局そのオジサンも上司も、ハッキリした判断が出来ず、書類をなんとか書いてもらって(ニセモノの蛇皮って書いてあるのが気になるが)税関を突破したのでした~。


LAの入国審査もモタモタ時間がかかり、大量の荷物をゲットしてゼーゼー外に出るところで、
またもやノン姫がバギー上で暴れハッチャクな怪獣になる。

ギャーギャー泣いた状態で、これまた嬉し泣きしそうなパパと、5ヶ月ぶりのご対面。

おひさしぶり~。

空港から1時間以上かかって自宅到着。
私は車の中で原因不明のミゾオチ激痛が始まって、自宅についてから数時間眠りこけました。

出発前からのドタバタ、フライトの疲れ&無事着いたためにホッとしたからだと思うー。
なんせ心臓ちっちゃいもんでー。

時差ぼけを引きずりつつ、翌日は日本食スーパーやホームセンターで様々な物を買って初期設定。

そしたら9月2日からノンが下痢になってしまいましたー。
生後初だと思う。
あの子は私に似て胃腸が丈夫らしいのですが、やっぱり疲れが出たかなー。水も変わったし。

長引いてるので、今日病院に行ってきました。

それが!

ハイウェイ乗って30分行かないと、日本人のお医者さんがいない。
ジャカルタは日本語喋れる中国人ドクターが近くにいてくれて、ホントに助かったよ。。

アメリカは訴訟国家ゆえに、子供は見ないという医者が多いのだそう。
小児科じたい、ぜんぜんいないそうです。
コマッター。

明日まで夫が休暇中。
昨日は私も初めて運転の練習しました。
どうにかスーパーまで行けるようにならないと・・。

バッタバタながらも、お陰様でなんとかやっております!
[PR]
by suara-erhu | 2012-09-05 13:17 | 日々のこと