3歳のノンと、日々是好日。


by suara-erhu

メリークリスマス☆

b0255523_541343.jpg


25日クリスマスはお店がどこも閉まって街がシーンとしてます。
今晩は独身社員さんをお招きしてるので、パスタソースを煮込んでいるところ。

新婚当初は海から連れて帰ってくる夫のサーフィン仲間、ジャカルタ時代は単身者や奥さんが一時帰国中の社員さん。
今まで幾度となく「うちごはん」ご招待してきたけど、気合いの入れ方が随分変わったなぁと感じてます。
この時間に一品も出来上がってないことなんて無かったもん!
「私ってこんなものも作れるんですっ」と言いたいような、自分の調理力MAXのものを3日前から仕込んでテーブルに並べていた気がする。

なのに今日は「茹で野菜が残ってるからサラダに入れちゃおうかな」、という感じ。全然前のめりじゃない。
こないだも友達がご飯食べに来て、ドレッシングを器に移し替えこそしたけれど、市販のものを使いました。昔だったら必ず手作りして「このドレッシングどうやって作ったの?」と聞かれるのが快感ですらあった。

ジャカルタでは掃除、洗濯はメイドさんがしてくれて子供もいなかったので、料理だけが自分の存在意義だと思っていたせいもある。
人から評価されたい欲が強かったんだなー。
今は子供が食べられるものと、お客様にお出し出来るものの最大公約数を取ってメニューを決めて、
積み木を片付けた直後ににレゴのバケツをひっくり返される状態で掃除してお迎えしてる。

凝ったもの作ることと、自分もお客様も楽しい時間が過ごせることは必ずしも比例しない、と気づいたのかな?
いやいや。。もしかしてただ単に年取っただけなのかも。
これってオバチャンの開き直りなのかもー!

でもでも、これっていいかも。
来客前にテンパることがないし、来客って楽しいナと素直に思えるから~。キリキリしてた以前と違って千客万来、熱烈歓迎の気持ち♪\(^-^)/
[PR]
by suara-erhu | 2012-12-25 05:25 | 日々のこと