3歳のノンと、日々是好日。


by suara-erhu

<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

怒りとは。

b0255523_084290.jpg


今日、本で出会った言葉。
「一日の怒りを忍んで、百日の憂いを免れる」

ひゃー!深い!

「誰がために鐘は鳴る」のロベルトも「怒るほど愚かな行いはない」といってます。
ブラピの「セブン」でも人間の7つの大罪として「怒り」が出て来て、ブラピは「怒り」のために身を滅ぼす。。(七つの大罪はキリスト教の教えだったと思う)

怒ると叱るは違うのだ、と頭で分かっていても、カーッとなって怒鳴ってばかりだった7月も
終わりにけり。。。
[PR]
by suara-erhu | 2012-07-31 00:10 | 思うこと

土地のチカラ

b0255523_14425455.jpg


届いた米国VISAを仏壇に上げました。

祖母宅の仏壇に入っているメンバーは3人ともLAで暮らしていました。
曾祖父母がアメリカに移り住み、祖父がそこで生まれ育った。
なのでLAは行ったことないけど「おじいちゃんの故郷」として子供の頃から身近な存在でした。
当時の知人と今でも交流が続いていたり。

ブログに以前も書いたけど、前回の駐在地ジャカルタもまた祖父ゆかりの地。
戦争でインドネシア・スマトラ島に赴き、木の根っこをかじって飢えをしのいだ、という話を幾度となく祖父母から聞きました。戦後は戦争裁判の通訳として、ジャカルタの長く留まっていたそうです。
その時の知人から頂いたバティックが実家に沢山あって、「面白い模様だな」と子供心に思っていました。

まさか自分がそのジャカルタで暮らすことになろうとは。
そしてさらに、二度目の赴任地がまたもや祖父にちなんだ土地になろうとは。

土地が持つ引力を強く感じています。

天国は空にあると思われているし、亡くなった人を想う時、なんとなく空を見上げてしまう。
だけど最近、むしろ土の下、地球の中心部に天国はあるのではないか、と考えたりします。
それほど土地から引っ張られている感覚を覚えます。

下敷きの上に紙で出来た人形を置いて、下から磁石を当てて人形を動かす、という玩具を「できるかな」でノッポさんが作っていたのを覚えています。
私も真似して作ってみた。

あの玩具って、もしかしてリアル人間界かもしれない。
そう思ったりします。
見えない力が働いて、私たちの行く場所、住む場所が方向付けられている。

そしてどこへ行っても、必ず素敵な出会いが待っている。
それもまた、見えない力(ご先祖様?)が用意してくれているような気がするのです。
[PR]
by suara-erhu | 2012-07-29 14:57 | 思うこと

新居

LAの家が決まりました。
他都市に武者修行に行っていた夫が4カ月ぶりにLAに先週戻り、すぐ何軒か回って決定。
現在も、その前も日本人家庭が住んでた物件でオーナーは香港人とのこと。

ジャカルタの時は、家探しのために私が数日現地に行ったけど、今回は子供もいるし夫にお任せ。
写真を送ってもらったり、夫の携帯とスカイプでつないで実況中継してもらったり(ほとんど見えなかったけど)、スゴイ時代になったものです。

夫は8月4日に入居が決まって、今は水道、ガス、電気などのライフライン、私の車や携帯の手配etc初期設定に追われてる。
家具ナシ家電ナシなので、それも買って家具を組み立てておかないと!と言っていた。
ジャカルタは家具も家電も付いてる物件が当たり前で、身一つで入居出来て楽だったー。
アメリカはナシが普通だそうです。

b0255523_1541435.jpg


家の近くの道(撮影by夫)。
このくらい広くて空いていれば、ペーパードライバーの私にも運転出来るかも!?
運転が何より心配でー。

b0255523_15452636.jpg


そしてそして、米国VISAが下りました。
米国大使館前で、熱中症寸前になりながら並んだのはいつだっけ。。

半年前に撮ったノンの証明写真は、「この赤ちゃんだあれ?」というくらい、もはや別人。
パスポート切れる5年後には、どんなかな。

家も決まってVISAも下りたとなると、もういよいよなのかぁぁぁぁ、、という重苦しい緊張感と焦りで胸がいっぱいになる。

ジャカルタの時は私一人だったので、夫が不在なのをいいことに遊びまわって渡航前の日々を過ごしていたけれど。
今回はそうもいきまへん。
行っておきたい所、食べておきたい物などなど沢山あるはずなのに、公園行って昼寝させると一日が終わる~。中々一時帰国も出来なくなるから、もっと名残を惜しみたいのですが。。

まーこんなもんですね!今の日常を、なるべくそのまま向こうに持っていってノンが生活に慣れてくれれば・・
その方が大事だわ~。
と言いつつ、後ろ髪引かれまくってる今日この頃です。。。
[PR]
by suara-erhu | 2012-07-27 15:56 | 日々のこと

二胡友

二胡の弟子仲間が送別会を開いてくれました。
場所はもちろん・・中華料理店!
スタジオ近くの老舗のお店。
後ろのテーブルでは、祖国に帰る人を送る台湾人グループが宴会中。

b0255523_1431633.jpg


松ヤニがどーの、弦がどーのと、マニアックな会話が心地良い。
皆さんいい方ばかりなのは、やはり先生の人徳ゆえでしょうか。

いつになるか分からないけど、、日本に戻ってきたら是非また仲間に入れて頂きたいな。
ホントに気持ちの良い方ばかりだから~。
LAでも練習続けて、置いてけぼりにならないようにしないと。
チャイナタウンの路上で弾いてたら二胡友出来るかも?

二胡を通じて知り合えた皆さんに多謝!!

b0255523_1434660.jpg


やっと坦々麺食べられました。
ハオチー♪♪
[PR]
by suara-erhu | 2012-07-25 14:39 | 二胡・音楽

b0255523_20481176.jpg


大きな鳥が3羽、羽を広げて飛んでいるような雲!

友達の演奏を聴きに、箏のコンサートに行ってきました。
良い音楽聞くと、心に翼生えます。
どこまでも飛んでいけそう。。
[PR]
by suara-erhu | 2012-07-21 20:48 | 二胡・音楽

レース

b0255523_7231313.jpg


前から気になっていたレースのショートパンツ。
「これじゃー公園行けないし、着て行くとこないわぁ。」と試着すら諦めていたけど・・買ってしまった!
一人で買い物して、完全に舞い上がってた~。

すごく繊細で綺麗なレースで、うっとりしながらナデナデしちゃう。。
クローゼットにこのコがいると嬉しくて~。

レースってホントに気分がアガります♡♡♡↑↑↑

b0255523_7332596.jpg


話し飛びますが、今日は元タカラジェンヌの友達とランチでした。
キリっとした男役だった彼女も、すっかりエレガントな二人の男の子ママに。

子供連れて会うのは初めて。子育ての話やアンパンマンDVDのお勧めなどたくさんお喋り出来ました。

ノンは電車で暴れて大変だったけど、、、子連れ同士で友達に会う喜び、そして子供を置いて一人で外出する解放感。
この二つが、今の私の両輪なのだと感じる一週間でした。
[PR]
by suara-erhu | 2012-07-20 07:33 | 買い物

どらやき

b0255523_20205257.jpg


ジャカルタフレンドのNりんと自由が丘でお茶。

・・のつもりが、ノン置いて一人で出かけたもので、テンション上がってNりんに買い物付き合ってもらい
夏物いっぱい買っちゃった!
「あんなに船便沢山出した後だから、紙一枚増やしたくない」と言っていた舌の根も乾かぬうちに。。

母とノンの機嫌が良く「見ててあげるから一人で行って来れば」と珍しいお言葉~。
ありがたーい。

テンション上がったまま、カフェに入ってモヒート飲んじゃいました。
Nりんもケーキセットにしようと言っていたのに「じゃあ私もビール」と付き合ってくれた。
プハーッ。外でお酒なんていつぶり!?昼間のお酒ほど美味しいものはなーい。

私がブログでも「引っ越しの慰労でラーメン食べ損ねた」と嘆いてたので、
「今日ラーメン行こうか?」と言ってくれた優しいNりん。

そしてそして、いつもながら美味しいお土産を頂きました。

浅草亀十のどら焼き♪
出来たてのようにフワフワの皮と素朴な餡。
こんなどら焼き見たことない!美味しかったー!

新婚時代、下町で1年暮らした私に「下町の味をお腹に収めてアメリカに行ってネ」という心遣い。
涙出ます。。

Nりんとは怒るポイント、凹むポイント、悲しむポイント、グッとくるポイントが似ている。
笑うツボが一緒、という仲間と同じくらい、こういうマイナス感情を共有出来る友達は大切だと思う。
こんなこと話して平気かな・・ということも「分かるよーっ」と一緒に寄り添ってくれるから。
人の立場に立って真剣に理解しようとするNりんに、どれほど救われたことでしょう。

アメリカで落ち込んだ時、悩む時、五臓六腑に染みわたった亀十のどら焼きを思い出し、
情に厚い下町でNりんが応援してくれるのだと自分を励まして乗り切りたいと思います。
[PR]
by suara-erhu | 2012-07-18 20:22 | おやつ

紫陽花・オルテンシア

b0255523_15531686.jpg


夏の日差しで色素が抜けたような紫陽花。
スモーキートーンでこれまたキレイ。

紫陽花は、インドネシアでも咲いています。

6月のお料理教室で飾りたくて、花市場に探しに行きました。
あるホテルに活けてあったから、きっとあるはず!と信じて。

市場のお店一軒一軒を尋ねました。
「四角い小さな花弁がこんな風にくっついて咲いていて、青や紫、ピンク。
雨の季節に咲く花なんです」

「知らないなぁ」と花屋のおじさん。

あぁそうか。日本とインドネシアでは、雨の季節が違っている!中々伝わらなくて、
もどかしいまま市場をズンズン歩く。

「知らないなぁ」とまたおじさん。

そんなことを繰り返すうち、あったあった!
軒先のバケツに、紫陽花をやっと見つけました。

「これこれ!!」バケツに入ってるもの全部買って、市場を引き返していると
「あー、あの人はオルテンシア欲しかったんだね」
「オルテンシアだったのかー」
「オルテンシア持ってるぞ」

花屋のおじさんたちが口ぐちに「オルテンシア」と言っていた。

オルテンシアっていうのか。。
ずいぶん夢々しい響き。家に帰って調べてみると、イタリア語で紫陽花を意味するそう。


そしてつい先日、地元のケーキ屋さんで、オルテンシアというケーキを見つけました。
もちろん紫陽花をイメージした、紫色の華やかなケーキ。

オルテンシアを手に花市場を歩いたあの景色が、懐かしくよみがえって来ました。

b0255523_1611735.jpg

[PR]
by suara-erhu | 2012-07-16 16:01 | おさんぽの風景

よろしくお願いします。

b0255523_1617422.jpg


家を引っ越したことですし・・ブログも引っ越しました。
今までは写真のサイズを自分で変えてからアップしないといけなかったけど、exciteブログはそれが不要だから便利らしい、と噂を聞きつけて。
ホントだ!自動的にサイズが小さくなる!
圧縮した写真をブログのオンライン画像フォルダーに移して、それから記事投稿、という今までの二重の手間がウソのよう!その手間を惜しむうち、投稿するタイミングを失うこともしばしば。。


羽根の形の雲を発見しました♪

暑い毎日ですが、元気いっぱい2歳1カ月のノンと走って跳んで、笑って泣いて。
すったもんだの日々のこと、思うことを綴ります。

8月31日渡米まであとわずか!
東京生活満喫したいなー。

皆さまも夏バテなどなさらずどうぞお元気で。
これからもよろしくお願いします!
[PR]
by suara-erhu | 2012-07-15 16:30 | ごあいさつ