3歳のノンと、日々是好日。


by suara-erhu

<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こころざし

b0255523_2561962.jpg

本棚を整理していたら、昔書いた文章が入ってるファイルが出てきた。
その中に、高校卒業間近に書いた学園の刊行物が。
懐かし~。
どんなものかというと、、。

b0255523_2573490.jpg


猪苗代に旅行した時、野口英世の実家で「志を得ざれば、再びこの地を踏まず」と彫り付けられた柱を見たことがある。
野口が上京直前に彫ったもので、この言葉に込められた生まれ育った環境からの脱出への悲願は、若松へ、東京へ、さらにアメリカへ彼を駆り立てたのだ。

出だしはこんな感じ。

b0255523_25849.jpg


自分も志を持って卒業して行くのだろうかと、この言葉に出会った時そう思った。
結果だけでなく努力や一生懸命さを大切にする温かい学園と違って、世間は厳しい。挫折することも絶望することもあるだろう。でも、結果重視の厳しい社会だからこそ、学園で学んだ途中経過を大切にしたい。それが私の志でもある。そして今、温かい故郷の門を出て行く。「志を得ざれば、再びこの地を踏まず」この言葉を胸に刻んで。

と結ばれている。

実家から大学に通ってたくせに、何を大げさな。
句点が多くて文をやたらと刻んでいるのも、いかにも青二才というかんじ。

b0255523_2591798.jpg



暇そうに見えたのでしょう。「卒業生代表で文を書いてくるよーに」と担任の先生から原稿用紙を渡されたことも、中学の時に野口英世の言葉に出会ったのも、よーく覚えています。
そして、祖父の名前が英世(読み方はエイセイ)ということから、野口英世に親しみを抱いていたのも覚えています。
だけど、どうしてこの言葉を元に文を書いたのか。
18歳の自分に聞いてみたい。

そしてアラフォーの、今の自分に聞いてみたい。

今と何が違うのだ?
何がどう成長したのだ?
その「志」はどうなったのだ?

そう思って他のページをめくってみると、校長先生の寄稿がありました。

「女性はまず自分自身のうちに平和を育てなければならない。
真の平和を学ぶ温床は家庭。家庭を生み出すのは母親。」

b0255523_302616.jpg


卒業から18年。
あっちへフラフラ、こっちへフラフラ。志を果たしたとはとても思えない。
そんな私が、家庭を持って子供のために生きることが許されている。
そのことに改めて感謝。
自分の小さな力を合わせて温かい家を作っていきたい。
自分だけの志を考えていた高校時代とは違う。
自分以外の誰かのための志を持てることは、この上なく幸せです。


b0255523_3104875.jpg

[PR]
by suara-erhu | 2013-02-27 03:27 | 思うこと

スミレ

b0255523_655026.jpg


これまで、ブログに数え切れないほど登場してきたスミレの花。
この花が大好きだとノンに話したことはなかったと思うし、ノンはどれがスミレの花か分からないはずなのに。

突然「ノンちゃんねー、スミレのお花が大好きなの」と言った。

天国というのは本当に存在して、亡くなったひとは天国へ行き、これから生まれてくるひとは天国からやって来る。そうして二人は必ず天国で一緒だったのだと、確信したのでした。

このお皿は、友達が彼女の好きな窯元でオーダーしてくれたもの。
8年前のこと。
そしてノンが生まれた時も、ここで名前入りの子供用器をオーダーしてプレゼントしてくれた。

スミレのお花を描いて下さい、と彼女は頼んでくれたそうですが、窯元の方が
「一輪では寂しいだろうから」とたくさん描いて下さった。
このうちの一輪は、ノンなのかもしれない。
私の宝物。
大事にアメリカに連れてきて、家中を見渡せる所に飾ってあります。
[PR]
by suara-erhu | 2013-02-24 13:36 | ノン語録

「さつまみかん」

b0255523_7444357.jpg


夫が極寒のシカゴに出張中。
雪が積もってマイナス15度なのだとか!風邪引かないで帰って来て欲しいものです・・。

ノンと二人でFarmer's marketに行きました。
買って来たフルーツをカゴに盛るのと、食べるものをここから選んでキッチンに持って来るのはノンのお仕事。

日本人のおばあちゃまのテントで、葉つき大根を買いました。1ドル也。
友達からこのおばあちゃまの噂をよく聞いてたので、やっとテントを見つけられて感激。

いくつか残っていたみかんを、「残り物には福があると言うのよ」と言いながらプレゼントしてくれた。
「さつまみかん」と縦書きで書かれた札のひらがなが、懐かしかった。。

小柄で可愛らしいおばあちゃまとお話していたら、昔電車でよく見かけた行商のおばあちゃま達を思い出しました。
小さな背中に、ありえない大きな荷物を背負ってた。
電車の中で「よっこらしょ」と下ろした荷物から、野菜が覗いてました。
都内の電車でも見慣れた光景でしたが、いつの頃からか全く見かけなくなりました。
高齢化?野菜が売れなくなった?
分からないー。

あの頃は電車の中が、のどかでした。
妊婦さんが日の当たる席で編み物してる姿は、いまとなっては幻のよう。

ドア付近で座り込んでる高校生もいなかったし、鏡を取り出してお化粧してる女の人もいなかったし、本格的に食事してる人もいなかった。
肩が当たったくらいで殴る人もいなかったし、「脚を投げ出して座らないで下さい。一人でも多くの方が座れるように、間をあけずに座って下さい。荷物は前に抱えてご乗車下さい」と延々続くアナウンスも無かった。

皆常識と節度を守って、狭い車内でガタンゴトンと揺られていたはずなのに。
新聞を細長ーく畳んで、隣の人に迷惑にならないように読んでいたあの頃は、手のひらサイズのスマホでニュースをチェックする今とは、電車の過ごし方が違う。配慮の仕方が違う。

行商のおばあちゃま達がいなくなったと同時に、大事なものが電車の中から消えてしまったような気がします。
[PR]
by suara-erhu | 2013-02-24 08:11 | 買い物

穴を封鎖せよ!

b0255523_833058.jpg


やっとお雛様を出しました。
場所が問題で!
ノンが触ることを考えると、「ここしかない」という作り付けの棚があるのですが、そこは元々テレビを置くために作られたものなので、ケーブルを通す穴が30×50もボコっと開いてるんです。
普段は苦肉の策でなんとか塞いでるのですが、お雛様を飾る時は丸見えになる。
はて、どうしたものか、、、、。

この穴問題が解決しなくて、中々お雛様を飾れなかった。

昨日IKEAに行った時、閃いた☆☆

ジャカルタでよく行った雑貨屋さんに、ステキな和紙がたくさん売ってました。
「いつか何かに使うかも」と、何枚も買っていたのです。
和紙やバティックのコレクションの中に、お雛様の背景にぴったりな一枚があるのを思い出した!
IKEAで9ドルのフレームを買って、赤い和紙を入れました。

金色のお金の模様が施されてます。
おめでたくて、良いのではないでしょーか。
穴もばっちり塞がって、屏風の向こう側に見える姿もイイ。

ひな祭りが終わったら、違う和紙をフレームに入れて穴を塞ぎ続けようではないか。
プルメリアの柄にしようかな。

あー。
こういうチマチマした作業が大好き。
そして「いつか使うかも」と思ってたお気に入りのものが、こうして日の目を浴びることも大好き。

お雛様の前を通る度、ニヤニヤしちゃう。
お香がほんのり香って来て、良い気分です。
[PR]
by suara-erhu | 2013-02-19 08:48 | 日々のこと
b0255523_9233653.jpg


14日に作ったデザート。
ノンはまだチョコレートデビューしてないので、チーズケーキにしました。
生クリームも入ってなくて、その代わりパイナップル入り。
甘酸っぱくて、我が家の人気おやつです♪

ところで、14日のpreschoolは面白かった!
お迎えの時、正装したパパがバラの花束を持って入って行くので、先生にあげるのかな?と思っていたら、
なんと娘宛て!
膝まずいて娘にバラとカードを渡していた~。

欧米だなぁぁぁ。
異文化を感じました。
kindergardenの子たちは、皆お姫様みたいなカッコしてた。
ノンの2歳児クラスも、カードやお菓子を交換して雰囲気味わったみたい。
お土産持って帰って来ました。

アメリカ人のイベントに対する取り組み方ってスゴイ。
全力でenjoyしてる。

私一人で張り切り過ぎると空回りしそうだけど、、
適度に取り入れて楽しみたいなー。
クリスマスもバレンタインも終わって、えーと、次は、、、?

ひな祭り!
Japaneseイベントだ!
今年は散らし寿司ガンバロー。
ノンのためにも、洋モノより日本の行事をキチンとしないとー。
[PR]
by suara-erhu | 2013-02-17 09:36 | おやつ
b0255523_8384191.jpg


大好きな旅番組「世界ふれあい街歩き」でバルセロナを見ました。
我が家の新婚旅行は、マドリッドからバルセロナまでぐるっとスペインを周るもの。
バルセロナの印象は特に強く、美味しーいパエリアを食べたことを久しぶりに思い出しました。
食べたいなー。でも貝だらけだと、ノンが食べられないし。

というわけで、豚とアサリのパエリアを作りました。
土鍋で作るので、これをパエリアと呼んで良いものかどうか。でもレシピ帳にそう書いてあるんだもーん。

炊き上がったところ。
プチトマトとオレンジパプリカの色がパエリアっぽさを演出してる、つもり。

b0255523_844175.jpg


料理が無事に出来たのは、電気が復旧したおかげ。
本当にありがたい。
直しに来てくれた修理のヤンさんは、現れるなりこう言いました。
「二胡の先生、見つかった?」

そーなんです!
ヤンさんがうちに来てくれたのは、これで2回目。
前回は9月。40度近い日にエアコンの修理のために来てくれました。

その時、私の二胡に気づいた中国人のヤンさんは
「おぉ。君はerhu(二胡のこと)を弾くのか!?僕はこの音色が大好きで、CDも沢山持ってるんだよー。ハリウッドに有名な二胡奏者がいて、映画音楽のほとんどを彼女が弾いているんだ」
と興奮気味に話してました。

私が二胡の先生を探していると告げると、
「よっしゃ!任しとき」と、胸をドンと叩いてくれたのでした。
私も中国人と会ったら必ず「erhu弾く人を知りませんか」と尋ねるのですが、空振りばかり。
それどころか、「erhuってあの楽器のerhu?」とキョトンとされることも少なくない。
どこの国でも、伝統楽器を弾く人口は減ってるのかな。

ちなみに私のブログのID suaraーerhuのsuaraはインドネシア語で「音、音色」のこと。
二つで「二胡の音」の意味なんです。

約束を守る男らしいヤンさんは、翌日朝一番で中国人が多く通う音楽学校に電話してくれたり、方々ずいぶん探し回ってくれました。
しばらくして一人の先生を見つけ、連絡先を教えてくれました。
場所があまりに遠く、残念ながら通うことが出来ないけれど、その後も探してみるからと言ってくれて、本当に誠意のある方なんですー。

電気の修理を終えて、バレンタインの話になりました。
「旦那さんは花を買って来るか」と聞くので、「そんなことはコレっぽっちも考えていないと思う」と答えました。
アメリカでは、というか日本以外の多くの国では男性が女性に花を贈る習慣があるようです。

ヤンさんは、「僕は毎年妻に花を贈っていたよ。でも今年はしないんだ。ちょっと遠くに行っていて」
と言うので、どうしたのかな?と思っていたら、
「クリスマス前に亡くなったんだ。癌でねぇ」と。。

笑顔を崩さないヤンさんにじーーんとして、ノンと二人で夫にあげるつもりだったチョコをヤンさんに渡してしまった。

奥さんと二人で、二胡を聞いてたのかな。
9月に来てくれた時は、闘病中だったのでしょう。
そんな中、二胡の先生を熱心に探してくれて。
いつも笑って朗らかで、誇らしげに電気の話をしているヤンさん。

「この近くに住んでる二胡の先生、絶対いるはずだよ。これからも探すからね!」とにこやかに去って行きました。
ヤンさんは、漢字では「義さん」と書く。
その名の通り義理人情に厚いヤンさんに、HAPPY VALENTINE'S DAY!
[PR]
by suara-erhu | 2013-02-16 09:09 | 家ごはん

ロウソク灯して。

b0255523_147810.jpg


2週間目に突入したキッチンの電気系統故障。
昨日の朝ダイニング、トイレ、リビングの一部にまで広がってしまった~。ネットも不通。
家電は変圧器ごと、えっちらおっちら違う部屋に移動。
天井の明かりも全部付かないので、昨日の夕飯はロウソクを灯しました。
あちこちロウソクだらけで、占いの館みたい。

火をつけていたら、ノンが来て
「ママおたんじょうびおめでとう!」とハッピーバースデイを歌い続けてました。
フーっと吹き消したいと言ってきかなくて。。

子供は無邪気でいいなぁ。

たった一日でも、電気が使えない不自由さを思い知りました。
被災地の方々はいかほどか・・・。

今日これから、業者さんが直しに来てくれるそうです。
ホッ。
[PR]
by suara-erhu | 2013-02-14 09:40 | 日々のこと

久しぶりのFarmer's market

b0255523_8173770.jpg


一家で検査したところ、3人とも溶連菌が治ってた~。
バンザイ!
私だけあと1週間抗生物質を続けよとのこと。

晴れ晴れした気分で、Farmer's marketに寄りました。

b0255523_8263027.jpg


以前も書きましたが、初めてここに行った日が気温38度。
野菜がしなびていて良い印象が無くて、それっきりになってしまったので5ヶ月ぶりでした。
やっぱり市場の雰囲気ってイイ!
野菜もフルーツも新鮮そう。もっと早く来ればよかったー。

b0255523_838521.jpg




b0255523_832426.jpg


これはディップ屋さん。
先日スーパーボールを見ながら食べました、とupしたディップ。
友達がここで買ってプレゼントしてくれたのですが、あまりに美味しくて我ら夫婦もすっかりファンに。
チーズのディップとピリっと辛いオリーブのディップを買いました。
どちらもお酒にベストマッチ。

ディップを買った直後、プレゼントしてくれた友達本人にバッタリ遭遇。ビックリした~。

テントに並んでる食べ物たち。
あれもこれも、ぜーんぶ美味しそうに見える。
活気があって、プラプラそぞろ歩くだけでも楽し。
そーだ。今度はカゴを持って来よう。マーケットの買い物はカゴじゃなくっちゃね!
[PR]
by suara-erhu | 2013-02-12 08:39 | 買い物

HARVARD AVENUE

ナビに出てくると「ひゃっほう!」と嬉しくなる、お気に入りの道があります。
今日はそこを一人で散歩してきました。
ゆっくり歩いてみたいとずっと思ってた~。

b0255523_70662.jpg


HARVARDという、頭の良さそな名前の通り。
左奥に見えるように、この通り沿いの家は全て薄い茶色で統一されていて、グリム童話の世界のよう。
整然としてとてもキレイな通りです。

左側には住宅地が続き、右側には畑があります。

b0255523_712416.jpg


こんな看板が。

b0255523_714031.jpg

b0255523_715314.jpg


畑のところどころにベンチがあって、緑を見ながらひと休み、ひと休み。

b0255523_7171873.jpg


歩いて行くと、踏み切りがあるんです!

b0255523_7175852.jpg


もう5ヶ月も電車に乗っていない。。
普段車で走っていて、踏切を見れるのはここだけ。
電車を見るのは新鮮な気持ち。

b0255523_7214022.jpg


線路は続くよどこまでも。

踏み切りを右に曲がって、線路沿いに歩いて帰って来ました。
いつも車で通る道を歩くのって楽しい。
小さな小道を入ったり、知らない公園で子供が遊ぶのを見たり。
ぶらぶら散歩。
次はHARVARDを反対方向に歩いてみよっと。
[PR]
by suara-erhu | 2013-02-11 07:08 | おさんぽの風景

ハート

b0255523_943149.jpg


バレンタイン前なので、ハート型の様々なものが売られてます。
Trader joe’sのフラワーショップでハート型のトピアリーを見つけました。
小さなアイビーがワイヤーに絡まって形を作ってる。

これまで幾度となく、ハート型トピアリーを買おうとしたことがあります。
でも、引越し直前だったり値段が高すぎたり大きすぎたり、、といつも諦めてました。
やっとやっと家に連れて来られた。
何年越しの夢の実現。
嬉しー!
[PR]
by suara-erhu | 2013-02-10 09:43 | 買い物